異母(父)の兄弟姉妹の相続分とは?

異母(父)の兄弟姉妹の相続分について、民法900条では、次のように定めています。

子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

つまり、相続人の中に、離婚した前妻との子と後妻との子がいる場合、前妻との子の取り分は後妻との子の半分となります。

図①

図①を例に考えてみますと、Yが亡くなった時の法定相続人は父母を同じにした兄妹のXと、異母兄弟のZとなります。Zの取り分は、Xの半分です。

図②

しかし、図②の場合、Bが亡くなった時の相続人はX、Y、Zとなりますが、Bからすると皆同じ子なので3人の取り分は平等になります。

異母(父)の兄弟姉妹がいらっしゃる場合、これまでに交流がなかった方と遺産分割協議をしなければいけなくなります。遺産分割協議は相続人全員が参加し、全員の合意がないと無効となってしまいますので、注意が必要です。

 

The following two tabs change content below.
みんなの 相続窓口Ⓡ

みんなの 相続窓口Ⓡ

【相談無料】【専門家がご自宅へ訪問】【土日祝日も対応】株式会社ルリアンが各地の専門士業と連携し全国展開している相続手続きサービスです。一人でも多くのお客様にお会いし、お役に立てるよう努めてまいります。お問合せ件数97,000件以上、無料訪問20,000件以上(2022年2月現在)。 お申込みフォームもしくはフリーダイヤル0120-888-904よりお問合せください。 ▶相続用語辞典法律カレンダー
みんなの 相続窓口Ⓡ

最新記事 by みんなの 相続窓口Ⓡ (全て見る)

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。