民法のうち相続に関するルールについて定めている部分について、約40年ぶりに大きく改正が行われました。配偶者居住権という、故人の残された配偶者の居住する権利を保護するための新しい権利の創設や、遺留分について、その行使の効果

民法のうち債権関係の規定(契約等)は、明治29年(1896年)に民法が制定された後、ほとんど改正がされていませんでしたが、約120年ぶりに大きく改正が行われました。民法のうち契約等のルールについて定めている部分についての

[著作権に関するコラム] 著作権の相続について 著作権の相続について 連邦議会まで動かした、有名ネズミの延命 連邦議会まで動かした、有名ネズミの延命