民法改正(相続法)


イベント詳細


民法のうち相続に関するルールについて定めている部分について、約40年ぶりに大きく改正が行われました。配偶者居住権という、故人の残された配偶者の居住する権利を保護するための新しい権利の創設や、遺留分について、その行使の効果を金銭債権するなど、相続の在り方を大きく変更するものです。2019年7月1日から原則施行されています。

民法改正について

[相続法改正解説動画]

法律はOSみたいなもの|相続法改正解説

配偶者居住権とは?|相続法改正解説

自筆証書遺言書保管制度|相続法改正解説

権利の承継の見直し|相続法改正解説

特別寄与制度|相続法改正解説

チャンネル更新:「今こそ知りたい相続法改正partⅡ」

チャンネル更新:第2回みんしゅうTV 「いまこそ知りたい相続法改正」

相続法(そうぞくほう)

The following two tabs change content below.
みんなの 相続窓口Ⓡ

みんなの 相続窓口Ⓡ

【相談無料】【専門家がご自宅へ訪問】【土日祝日も対応】株式会社ルリアンが各地の専門士業と連携し全国展開している相続手続きサービスです。一人でも多くのお客様にお会いし、お役に立てるよう努めてまいります。お問合せ件数79,000件以上、無料訪問17,000件以上(2021年10月現在)。 お申込みフォームもしくはフリーダイヤル0120-888-904よりお問合せください。 ▶相続用語辞典法律カレンダー

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。