相続クイズ:法定相続というくらいだから・・・

次の記述が正しければ〇、正しくなければ×をつけてください。
「遺言書がない遺産相続の場合、必ず法律で決められた割合で分割をしなければならない」

(答え)✖

 遺言書がある場合は、原則、遺言書に沿って相続します。それがない場合については、民法では「誰がどれだけ相続するか」が決められており、それに基づいて相続します。これを法定相続といいます。
 また、相続人全員で協議して、それぞれの事情に応じて分けることもできます。これを分割協議による相続といいます。分割協議による相続を身内のみで進めるのは、法律的にも精神的にも大変難しいところがあり、専門の士業にお任せいただくことをお薦めしております。

相続の種類内容
法定相続民法で決められた人に決められた割合で分割する相続
遺言書による相続亡くなった人が遺言書により相続の内容を決める相続
分割協議による相続相続人全員で協議して遺産の分割方法を決める相続
The following two tabs change content below.