相続クイズ:順位が一つ違えば・・・

配偶者を除いた法定相続人の「順位」として正しいものを次のア~ウから選んでください。

ア 1位:故人の父─2位:故人の弟─3位:故人の子ども
イ 1位:故人の子ども─2位:故人の父─3位:故人の弟 
ウ 1位:故人の父─2位:故人の子ども─3位:故人の孫
エ 1位:故人の子ども─2位:故人の弟─3位:故人の父

(答え)イ

 法定相続人となれるのは、配偶者および血族です。血族には以下のような「順位」が存在し、上の順位の人が1人でもいる場合には、下の順位の血族は相続人となることができません。

相続の種類内容
第1順位子および代襲相続人
第2順位両親などの直系尊属
第3順位兄弟および代襲相続人

 相続人となる子や兄弟姉妹が死亡していた場合、その子どもがいる場合には「代襲相続人」として、遺産を得る権利が発生します。つまり、孫に財産が与えられる可能性があります。故人の兄弟の子ども(つまり、甥や姪)にも同様の代襲相続人となる可能性は存在していますが、さらに甥や姪が死亡していた場合にはその子どもが代襲相続人となることはできません。

The following two tabs change content below.