所有者不明土地(しょゆうしゃふめいとち)

所有者が直ちに判明しない、又は判明しても所有者に連絡がつかない土地を所有者不明土地と言います。

驚くべきことに所有者が不明である土地の総面積は九州の面積(約367.5万ヘクタール)を上回る、約410万ヘクタールであるという推計があります。

所有者が不明であると、いざ土地を利用したいというときに使用することができなくなります。例えば、昨今多発する災害の対応のために、行政が土地を利用したいという事情があった場合でも、所有者が不明であるため、地権者と話ができず使用できないことなどが問題視されています。そのほか、公共事業を進めるにあたっても用地の取得に多大な時間と労力がかかるなど現状があります。

このような問題を解消するため、2024年をめどに土地の相続登記が義務化される見通しとなっています。

<所有者不明土地に関するコラム>

住民票の除票の保存期間が150年に|住民基本台帳法の一部改正

The following two tabs change content below.
みんなの 相続窓口Ⓡ

みんなの 相続窓口Ⓡ

【相談無料】【専門家がご自宅へ訪問】【土日祝日も対応】株式会社ルリアンが各地の専門士業と連携し全国展開している相続手続きサービスです。一人でも多くのお客様にお会いし、お役に立てるよう努めてまいります。お問合せ件数79,000件以上、無料訪問17,000件以上(2021年10月現在)。 お申込みフォームもしくはフリーダイヤル0120-888-904よりお問合せください。 ▶相続用語辞典法律カレンダー

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。