付言事項(ふげんじこう)

遺言書に書く、遺言者のメッセージの部分です。

付言事項として、遺言を作成した経緯や理由を伝えると、相続人の理解を得やすくなり、遺族間の争いを防ぐことができます。

例えば、遺留分を侵害している遺言の場合は、なぜそう決めたのか理由を伝え、相続人たちの理解を促すことが大切です。付言には、遺言を読む家族の理解を促したり、故人の生前の考えを知る事ができる重要な役割があります。

The following two tabs change content below.
みんなの 相続窓口Ⓡ

みんなの 相続窓口Ⓡ

【相談無料】【専門家がご自宅へ訪問】【土日祝日も対応】株式会社ルリアンが各地の専門士業と連携し全国展開している相続手続きサービスです。一人でも多くのお客様にお会いし、お役に立てるよう努めてまいります。 お申込みフォームもしくはフリーダイヤル0120-888-904よりお問合せください。 ▶相続用語辞典法律カレンダー

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。