100歳以上の高齢者、過去最多の8万6510人

敬老の日(20日)を前に厚生労働省が集計した統計が掲載されているプレスリリース資料が興味深くて、全部読んでしまいました。

住民基本台帳に基づく百歳以上の高齢者の総数は86,510人(年齢は令和3年9月15日現在)。今年百歳高齢者表彰の対象となられた方は令和3年9月1日現在で43,633人(前年度比+1,831人)だそうです。

百歳以上高齢者数の最も多い都道府県ベスト5

第1位:東京都 7,138人
第2位:神奈川県 4,579人
第3位:大阪府 4,399人
第4位:北海道 4,160人
第5位:福岡県 3,760人

人口10万人当たり百歳以上高齢者数の最も多い都道府県ベスト5

第1位:島根県 134.75人
第2位:高知県 126.29人
第3位:鹿児島県 118.74人
第4位:鳥取県 114.11人
第5位:山口県 111.47人

巻末には、地域で話題の高齢者というタイトルで、地域でお元気な方の紹介が載っているのですが、夫婦で100歳の方もいらっしゃるのですね。栃木県内最高齢ランナーとして聖火リレーを走破された方がいらっしゃる?現役の会社会長も?などと驚きながら全員の紹介を読んでしまいました。

ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」(信友直子監督)のご主人さんも100歳になられたのですね。おめでとうございます。

厚生労働省のプレスリリース

The following two tabs change content below.
終活コーディネーター・米倉 和美

終活コーディネーター・米倉 和美

終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、行政書士合格者(未登録)、年金アドバイザー3級、相続アドバイザー3級、日商簿記3級、証券外務員二種など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。