【し】死後のこと お願いしますね 死後事務委任|終活かるた

【し】死後のこと お願いしますね 死後事務委任|終活かるた【し】死後のこと お願いしますね 死後事務委任

本人が第三者(個人、法人含む)に対し、亡くなった後の諸手続、葬儀、納骨、埋葬に関する事務等についての代理権を付与して、死後事務を委任する契約をいいます。

◎身柄お引取り
◎遺品整理、死亡届等行政官庁等への諸届事務
◎喪主代行(通夜・告別式・火葬・納骨)

など、事前に希望された形での葬儀の実現、葬儀費用支払いや家財道具の片づけ、役所手続きなどを行ってもらうのが死後事務委任契約です。

「成年後見制度」や「遺言」もありますが、それぞれ役割は異なります。
「後見制度」は、判断力が衰えてからその人が亡くなるまで後見人がサポートしますが、亡くなった時点で後見人の任務は終了します。

遺言書は亡くなった後に執行されますが、法的な効力があるのは財産などになります。カバーする範囲が微妙に違ってくるのですね。

The following two tabs change content below.
みんなの 終活窓口

みんなの 終活窓口

【生前から備える「みんなの終活窓口Ⓡ」】 終活の情報発信基地。生前の様々なニーズにお応えするために「みんなの終活窓口Ⓡ」を展開しています。 人生の完成期に向かわれるみなさまの遺言書作成や相続税対策、認知症対策、家族信託サポート、身元保証​、老人ホーム、葬儀​、お墓、遺品整理、住宅購入や保険の見直しなども行っています。

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。