家族信託とは

元気なうちに、自分の財産を「誰に」「どのように管理してもらうか」を予め決めて契約をしておくことを「家族信託」といいます。

「家族信託とは」

①自身(=委託者)の財産を、
②信頼できる人(=受託者)に託し、
③家賃等の利益をもらう人(=受益者)のために
④特定の目的に従って、管理・処分してもらう

「家族信託」をしておけば認知症になっても・・・

認知症になったらどうなるか?を参照▶

家族信託(民事信託)の例

【ケース1】老親の認知症対策の事例

【ケース2】遺言の事例

【ケース3】生前贈与の事例

The following two tabs change content below.
終活コーディネーター・米倉 和美

終活コーディネーター・米倉 和美

終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、行政書士合格者(未登録)、年金アドバイザー3級、相続アドバイザー3級、日商簿記3級、証券外務員二種など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。