あした死ぬかもよ?|終活コーディネーターが選ぶ「終活本」

『あした死ぬかもよ?』は、たまたま手に取った本です。タイトルをなんとなく眺めていて、「このタイトルはいつか本当になるんだな」と気づきました。死ぬ明日という日は、いつか必ず来るのだから。

本書では、著者が27の質問を投げかけています。「いま抱えている悩みは、たとえ人生最後の日であっても、深刻ですか?」「もし今日が最後の日だとしたら、今日やろうとしていたことをする?」などの質問のほか、自分の墓碑銘や死亡記事を書いてみるワークもあります。エンデイングノートみたいだな、と思います。

人生最後の日に笑って死ねる質問

  • あなたの人生は、100点満点中、いま何点?
  • 死ぬ前にやりたいことリスト10は?
  • 死後、あなたは、誰の記憶に残るだろう
  • あなたがホッとするときはどんなとき?
  • これまでの人生で一番うれしかったことはどんなこと?                                 ―出版社の本の紹介より引用

名言にもたくさん出会えます。

  • 「泣く」という字は、「サンズイ(涙)の隣に『立つ』」と書きます。
  • 「死を忘れるな」(memento mori)
  • 財布を落としたら、人は必死に探すのに。携帯電話を落としたら、人は必死に探すのに。自分の本心を忘れても、人は、落としたことにすら気づかない。

後はぜひ、本を手に取ってみてください。
 

The following two tabs change content below.
終活コーディネーター・米倉 和美

終活コーディネーター・米倉 和美

終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、行政書士合格者(未登録)、年金アドバイザー3級、相続アドバイザー3級、日商簿記3級、証券外務員二種など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。