遺言クイズ:遺言者が複数の遺言を残していた場合…

問題: 遺言者が複数の遺言を残していた。この場合、古い遺言と新しい遺言で抵触している部分があると、日付の古い遺言は撤回したものとみなされる。◯か×か。

(答え) ◯

解説:正解は〇。遺言は何回でも書き換えができ、後の遺言が前の遺言の内容に矛盾している場合、その矛盾している部分は、後の遺言で撤回したとみなされます。

The following two tabs change content below.
minshu34

minshu34

【生前から備える「みんなの終活窓口Ⓡ」】 終活の情報発信基地。生前の様々なニーズにお応えするために「みんなの終活窓口Ⓡ」を展開しています。 人生の完成期に向かわれるみなさまの遺言書作成や相続税対策、認知症対策、家族信託サポート、身元保証​、老人ホーム、葬儀​、お墓、遺品整理、住宅購入や保険の見直しなども行っています。

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。