LINEで簡単!オンライン帰省|ビデオ通話の方法

前回「【GW】オンライン帰省おすすめツール ビデオ通話アプリで家族と交流しよう」で、オンライン帰省に使うツールは何がいいか?を考えてみました。

株式会社ルリアンの運営する「みんなの終活窓口Ⓡ」は、「親の終活・子の終活」の視点でいろんな情報を提供しています。なので親子の立場になって、オンライン帰省について考え、最終的にLINEとZOOM、2つのツールに厳選してみました。メリットデメリットは、こちらに書きましたので参考にしてください。

【GW】オンライン帰省 ビデオ通話で家族と交流しよう

そして、今日はLINEを使ったビデオ通話のやり方についてお話したいと思います!

まずは、かけ方。

【ビデオ通話のかけ方】

①LINEを起動する。
②通話をしたい相手のプロフィール画面またはトーク画面を開き右の画像のをタップする。
③相手が応答すればお顔を見ながら会話を楽しめます

【ビデオ通話の受け方】

①着信音が鳴る
Androidoの場合・iPhoneの場合
②相手のお顔が表示され会話を楽しめます。

LINEのビデオ通話ができない場合

ビデオ通話ができない場合は、以下のような理由が考えられます。

☑回線状況がよくない

☑「カメラ」「マイク」の利用を許可していない
→LINEアプリに対して、「カメラ」と「マイク」へのアクセス権限を許可していないと、ビデオ通話ができません。マイクとカメラをオンにしてください。

☑「カメラをオフ」や「マイクをミュート」している
→ビデオ通話画面でカメラやマイクをオフにしているとビデオ通話はできません。カメラのオンやマイクのミュートはボタンを押すだけで切り替えができます。カメラやマイクをオンにしてください。

☑着信を許可にしていない
→通話の設定でLINEの着信を許可にしないと通話ができません。その場合は、着信の許可をオンにしてください。

新型コロナウィルスの影響で、今年は帰省がなくなり寂しい思いをされている方も多いのではないでしょうか。それなら、お手持ちのスマホで「オンライン帰省」をしてみませんか?こちらからビデオ通話をかけて、お子さんやお孫さんをびっくりさせましょう♪

LINEでお友だち募集中です!

The following two tabs change content below.
終活コーディネーター・米倉

終活コーディネーター・米倉

終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、行政書士合格者(未登録)、年金アドバイザー3級、相続アドバイザー3級、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。