上ル、下ル、東入ル、西入ル?

突然ですが、私、地図が読めません。百貨店でも入ってきた入り口から出ることができません。なので、私に道を聞くと大変なことになります。

ただでさえ、そんな私が今、京都で働いています。大変です。

なぜなら、京都の市街地は碁盤の目に例えられるように、東西・南北の通りが全て直角に交差しているので、京都の方は場所を通り名で把握するからです。

それに加えて、「上ル、下ル、東入ル、西入ル」と表現されます。北に行くときは上ル、南に行くときは下ル。方向音痴の私にはとても大変です。

ですが、当社に来られるお客様に迷わずお越し頂きたいので、最近は一生懸命通り名を覚えています。

京都の通り名はとてもたくさんあります。京都市役所のHPに分かりやすく載っていたので、こちらで勉強しました。

https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000097383.html

なんと。通り名を覚える歌もあるのですね!

そんな京都の通りには、一つ一つ道の由来が書かれた案内が立っています。信号待ちの時などに見て覚えるようにしています。今日は烏丸通の説明を見てきました。京都のメイン通りになります。

株式会社ルリアン京都支店は、京都府京都市中京区橋弁慶町227 第12長谷ビル9階です。「上ル、下ル、東入ル、西入ル」で言うと、蛸薬師通烏丸「西入ル」橋弁慶町です。

ぜひ、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

The following two tabs change content below.
minshu34

minshu34

【生前から備える「みんなの終活窓口Ⓡ」】 終活の情報発信基地。生前の様々なニーズにお応えするために「みんなの終活窓口Ⓡ」を展開しています。 人生の完成期に向かわれるみなさまの遺言書作成や相続税対策、認知症対策、家族信託サポート、身元保証​、老人ホーム、葬儀​、お墓、遺品整理、住宅購入や保険の見直しなども行っています。

※記事は執筆時点の法令等に基づくため、法令の改正等があった場合、最新情報を反映していない場合がございます。法的手続等を行う際は、各専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。